カテゴリー
自己処理

思春期のムダ毛処理は肌に優しい方法で

思春期の時期は、ホルモンバランスが安定しない事も多く、肌荒れを起こしやすい時期です。

剃刀の刃があまり切れない状態では肌に負荷をかけてしまい、肌荒れや肌を傷つけてしまうこともあります。肌に優しいムダ毛処理をするためには、当たり前ですが、よく切れる剃刀を準備しましょう。また、シェービング用のクリームやジェルもムダ毛を塗ることで肌へのダメージを軽減できます。

ムダ毛処理をする場合には、お風呂場で処理すると便利です。お風呂に入ったついでにムダ毛処理をすれば、毛をしめらせてから剃ることができるので、毛が剃りやすくなります。

毛を剃る方向もきちんと判断しましょう。毛が生えている方向を合わせて沿わせるように剃ることがポイントです。

肌が弱い方は、剃刀負けをすることもあります。そんな人は、脱毛テープなど違った方法も試してみてください。

毛を剃り終わったらスキンケアをすることはもっとも大切なことです。

ムダ毛処理をした後をケアせずそのまま放置しておくと、肌から水分が蒸発してしまい、肌が荒れてしまったり肌が乾燥してしまいます。化粧水で水分を補給し、保湿クリームで肌から水分が逃げないようにカバーすることで、肌の潤いを保ちます。処理後をきちんとスキンケアをすることが大切です。

思春期の頃には、自分のお小遣いで買うことができる化粧品も限られてしまいます。化粧水や美容液、保湿用化粧品など、色々と購入するのは、少し厳しいかもしれません。そのような場合には、母親や姉の化粧品を借りてスキンケアしてみるのも一つの手段です。

カテゴリー
自己処理

脱毛サロンは何歳から大丈夫なの?

女性はホルモンバランスによって体毛の成長が変わってきます。ホルモンバランスの変化が最も激しくなるのが、思春期に差し掛かった10代の前半の頃になります。思春期を迎えると、今まで生えてきていなかった脇の下やVライン、Oライン、Iラインなどから、ムダ毛が生えてくるようになってしまいます。

そのため思春期を迎える前に脱毛の施術を受けていたとしても、思春期でホルモンバランスが変わってから生えてくるムダ毛には意味の無いこととなります。思春期を迎えて大人の身体として体毛が生え揃ってから脱毛サロンで施術を受けたのがもっとも効率的と言えます。

10代で脱毛サロンなどで施術する場合には、17歳以下の場合にはご両親と同伴で脱毛サロンやクリニックに出向く必要があります。18歳以上の未成年の場合は一人でも大丈夫ですが、前もって両親からの同意を得て、親権者同意書に必要事項を記入してもらい、その親権者同意書を持っていく必要があります。

脱毛の施術は、毛にレーザーや光を照射すると毛根の黒い色に反応して熱が発生します。この熱が、ムダ毛の毛根の組織を焼き焦がして脱毛されるという仕組みになっています。そのため、施術後は、お肌が火照ったり、痒くなったり、水分が奪われて乾燥肌になったりすることがあります。この症状は、肌に照射する医療レーザーや光の出力が強ければ強いほど重くなります。

医療レーザーは脱毛の効果が強い反面、出力が強く肌にかかるダメージが大きいです。10代の若いお肌は、敏感でデリケートですので、医療レーザーによる脱毛の施術は、お肌に与えるダメージが深刻な影響を与える可能性があり、光の出力を抑えている脱毛サロンの施術の方がいいかもしれませんね。

カテゴリー
自己処理

毛深いムダ毛の自己処理は肌を痛める?

自己処理の仕方によっては、肌にダメージを与えたり、生えてくる毛が濃く見えて、毛深くなったように感じるものです。

自宅でするムダ毛処理方法には、カミソリやワックス、毛抜きなどが使われますが、どの方法でも毛の成長を止めることはできません。
どの処理でも、肌には大きな負担がかかり、誤った処理を繰り返していると、毛穴が炎症を起こして膿んだり、炎症が治まってもその部分が色素沈着を起こしたりと、さまざまな肌トラブルを引き起こします。特に毛深い人は、毛の成長も早いので、どうしてもムダ毛処理をする回数が多くなるため、肌をいためるリスクが高くなります。

ムダ毛処理から解放されるには永久脱毛しか解決策はありません。最近は脱毛を専門とするエステサロンが急増していて、格安で手軽に受けることが人気ですが、永久脱毛をすることができるのはクリニックだけです。

クリニックとエステサロンで行う脱毛の仕組みはほぼ同じですが、クリニックではレーザーで脱毛を行うため、照射パワーが強く、確実に毛の成長に関わる毛乳頭を破壊することができます。そのため、通う回数も少なくて済みますし、施術する時間も短いため、肌への負担も少なくなります。

また、トレーニングを重ねた医療従事者が施術をするため、安心して受けることができることもメリットです。特に敏感肌の人やアトピー性皮膚炎などに罹っている人は、施術の可否が気になりますが、医師が常駐しているので相談することもできますし、万一施術中にトラブルが起こった時も適切な処置を迅速に受けることができます。痛みを敏感に感じる人や、痛みが心配で受けるのが怖いという人には、麻酔クリームなどで対応してくれますが、これは医師がいるからこそ行うことができます。

少し前までは、永久脱毛は費用がかかるというイメージがありましたが、最近はレーザー脱毛の価格も下がっていて、エステサロンと同じようにキャンペーンを実施しているクリニックもあります。永久脱毛をしているクリニックもたくさんありますが、安心して受けるためにも、価格だけで選ばず、まずは複数のクリニックでカウンセリングを受けてから選定すると良いでしょう。

カテゴリー
自己処理

毛深い女子の味方、除毛クリームのメリット・デメリット

除毛クリームのメリットとして即効性がある点が挙げられます。ムダ毛処理の方法によってはキレイになるまでに時間が掛かってしまいますが、その点、除毛クリームなら塗って洗い流すだけで簡単にムダ毛対策をすることが可能です。ムダ毛処理にあれこれ手間を掛けず手軽にキレイにしたい方にお勧めです。

また、クリーム状ですので塗り広げるのも簡単であり、それゆえに背中などの広い範囲でも使用し易いです。顔のような刺激に弱い場所には使用することはできないものの、大抵の場所には使うことができますので非常に利便性の高いアイテムと言えるでしょう。

毛深いムダ毛だろうと除毛できるのも魅力です。除毛クリームはムダ毛を溶かして処理する方法ですが、毛深い状態でもその効果が発揮されます。すぐにツルツルとした状態になりますから毛深い女子にとって頼れるアイテムと言えます。

低コストで利用できるのも大きなメリットです。数百円程度から購入することができますので気軽に利用できます。お店での脱毛なら数万円から数十万円もの費用が掛かってしまうこともありますが、それと比較するとリーズナブルに利用できます。

肌に傷を付けてしまう心配がないのも除毛クリームの良さと言えます。カミソリや毛抜きなどを使用した場合、肌を傷めてしまったり毛穴の炎症を発生させるリスクがあります。その点、除毛クリームは物理的に肌への負担が掛かるようなことがない為、傷によるダメージの心配がありません。

デメリットとしては肌に負担になってしまう恐れがあることです。薬品の力によって除毛していきますが、ムダ毛を溶かしてしまうだけの作用がありますので肌荒れを起こすことも少なくありません。その為、使用した後に赤くなってしまったりブツブツになってしまうことがありますし、無理に使用を続けてしまうとシミとなり残ってしまう恐れもあるのです。

また、ツルツルになるといっても毛根がなくなったわけではありませんのでいずれまた生えてきます。特に除毛クリームの場合は毛穴の外に出ているムダ毛しか処理することができない為、生えてくるまでの時間も短いです。毛深い体質で成長するスピードが早いと、処理をしても数日で再度ムダ毛が目立ってきてしまうかもしれません。

カテゴリー
自己処理

へそ出しの季節の前に!ムダ毛処理の方法と注意点

へそを出すような暑い季節になると、ムダ毛も気になると思います。

ムダ毛処理として一般的なのが剃ることです。カミソリや専用のカッターなどで剃ることで、肌が綺麗になり簡単に処理できるのがメリットです。ただし手間もかかります。脱ぐときは毎日処理する必要もあり、露出するときは必ず剃らなくてはなりません。また、カミソリ負けや切り傷を作らないように気をつける必要もあります。

次にピンセットなどで抜くという方法です。若干痛みはあるものの、毛根から綺麗に取れるのでとても綺麗になります。また、数日感は処理をしなくてもいいというメリットが有ります。デメリットはやはり痛みですね。ただし、痛くないやり方としては、冷凍させて痛みを感じる神経を麻痺させながら行う方法もあります。

抜くこととよく似た方法にワックスを使う方法。最近知名度が高くなったブラジリアンワックスは、粘着性の高いワックスを塗って一気に引き剥がす処理方法です。最近は工夫されて肌の負担を減らせるものも少なくありません。また、肌表面の古い角質を引き剥がしてくれるので、美肌になりやすいという効果もあります。ただし、やはり若干の痛みはありますのでその点は仕方ないですね。

最後に脱毛サロンです。脱毛サロンではそれぞれのサロンごとに様々な処理がありますが、最近では比較的簡単にしてもらえるサロンが多くなっています。お腹の場合は特に面積が大きい部位でもあるので、比較的大きめのパーツということで費用もそれなりにかかります。ただし、一度通って効果が出れば二度と生えてこなかったり手間もかからないのが大きなメリットでしょう。脱毛サロンは今の時代の脱毛方法の王道でもあります。

脱毛サロンとよく似たやり方に、医療脱毛というものがあります。この医療脱毛とは何かというと、脱毛サロンで受けられるような脱毛方法よりも更に進んで、より出力が増え、なおかつ負担にもなりにくい方法です。若干の痛みや、サロンよりも価格が高くなるというデメリットはあります。ただし医療機関で施術してもらうことにより、より強い出力にも対応できるのがメリットでしょう。二度と生えてこなくなる回数もこちらが少ないため、お金を払っても確実な方がいいというのならこの医療脱毛の方がいいかも知れません。

カテゴリー
自己処理

毛深い悩みを解決する、豆乳ローションの作り方とその効果

ムダ毛処理には色々な方法がありますが、毛深いことで悩んでいる人におすすめは「豆乳ローション」です。

豆乳には、大豆イソフラボンという成分が含まれていて、これが女性ホルモンに似た働きをするため、ムダ毛の成長を抑える効果があります。また、豆乳にはサポニンという成分も含まれており、保湿効果の他、肌の新陳代謝を活発にする作用もあります。そのため、豆乳ローションを使用すると、ムダ毛が目立たなくなり、黒ずんだ肌もきれいになります。

豆乳ローションは市販の製品もありますが、作り方は簡単なので、興味がある人は自分で作ってみても良いでしょう。

用意する材料は、無調整の豆乳250ml、レモン1個、消毒用のエタノール大さじ4~5杯です。必要な道具は、小鍋、ステンレス製のザルとボウル、濾すためのキッチンタオルと厚めのキッチンペーパー2枚、ローションを入れる容器です。

まず、豆乳250mlを小鍋に入れて弱火にかけ、かき混ぜながら温めます。温度が上がり過ぎると、成分が壊れるため、膜が張らないよう気を付けます。60度前後くらいになったら、火からおろし、レモン1個分の果汁を加えます。その後、分量のエタノールを加えてよくかき混ぜ、5分程そのままにしておきます。

肌が乾燥気味の人は、エタノールの量は少し減らすと良いでしょう。

ザルにキッチンタオルを敷き、その上にキッチンペーパー2枚を置きます。これをボウルに置いてから、ヨーグルトのように分離した状態の豆乳を流し入れ、ろ過します。キッチンタオルで包み込むようにして上の方で縛って絞ると早く濾すことができますが、タオルが破けないようにゆっくりと作業を行います。絞りかすの豆乳は捨て、ろ過した豆乳ローションが冷めたら容器に入れて完成です。

豆乳ローションの使用期限は、冷蔵庫で保存して1週間くらいです。冷凍する場合は、半年間くらいは保存可能ですが、使用する時は冷蔵庫の中で自然解凍させて使います。

豆乳ローションは、基本的には朝と晩の1日2回使用します。毛深い部分にも使用することはできますが、ムダ毛処理をしておいた方が成分が肌に浸透しやすくなります。また、毛穴が開いた状態の皮膚に塗るのが効果的なので、夜はお風呂上りに使うのがおすすめです。

毎日欠かさず使用することで、毛深いムダ毛も徐々に細くて薄い毛に変わるので、ムダ毛処理が楽になります。そして、美白と美肌効果もあるので、ムダ毛処理でトラブルを起こした肌を正常に整える効果も期待できるでしょう。