カテゴリー
自己処理

10代でも簡単に出来る電気シェーバー

ムダ毛を自己処理する手段として人気が高いのが「電気シェーバー」です。家電量販店などで数多くの商品が販売されています。

電気シェーバーはカミソリを使ったムダ毛処理よりも肌トラブルが起こる可能性は低いとされています。それでも同じ刃物を使っている分肌へのダメージはゼロではないので、正しい使い方で使用しましょう。

まず、ムダ毛処理を入浴時に行う人に注意ですが、電気シェーバーはお風呂場に置きっぱなしはNGです。長時間湿った状態にしておくと刃物の部分に雑菌が繁殖する可能性があるためです。そして交換すべき部品は必ず決められた期間で交換しましょう。

正しい方法は、まず長いムダ毛を処理する場合は事前にハサミでカットしておくことが好ましいです。ムダ毛が3mm程度になるまでにカットしておきましょう。

そしてムダ毛が生えている向きに沿って優しく処理をしましょう。ムダ毛の向きに逆らって処理をすると綺麗に処理ができず、ついつい力を入れてしまい肌が傷つけてしまいます。また刃の部分を強く肌に押し付ける必要はありません。肌にそっと触れている程度で十分に処理できます。

そしてシェーバーはお肌を保湿する成分まで一緒に取ってしまうことがあるため、処理後は肌がとても乾燥しています。化粧水や乳液などの化粧品を使って保湿は十分に行いましょう。

また、暑い季節には頻繁にシェーバーを使いがちになりますが、肌にはよいことではないので処理回数はできるだけ少なくすることを心掛けましょう。

カテゴリー
自己処理

低コストでできるムダ毛処理法

近年ムダ毛処理のためのさまざまな商品が販売されている。抑毛ローションや除毛クリームなどは、比較的低コストでムダ毛処理することができるため、比較的若い世代の10代の方でも始めることができるでしょう。

抑毛ローションは、数千円で購入することができますし、塗るだけの簡単処置、また痛みがないというのもメリットです。

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤を含んでおり毛のタンパク質に作用しムダ毛を溶かしていきます。ジェルタイプや乳液タイプ、ローションタイプなど種類も豊富です。毛を溶かす原理はほとんど変わらないので、自分の好みによって種類を選ぶといいでしょう。

抑毛ローションや除毛クリームに関しての注意点としては、肌に対して刺激が強い場合には使用を控えることです。商品によって使用法などが異なることもあるので、事前のパッチテストを行ったり、説明書を熟読することが大切です。また、敏感肌の方は、敏感肌用の商品など刺激が少ないタイプを選ぶようにしましょう。

ムダ毛処理後には、アフターケアをすることも重要です。ムダ毛を処理した後に、そのままの状態でいると、肌荒れや肌の乾燥してしまう原因になることもあります。低刺激な化粧水を使い、肌に水分を補給しましょう。

カテゴリー
自己処理

セルフ処理で肌荒れする原因

カミソリで剃る、毛抜きで1本ずつ抜いていく、テープやワックスで一気に抜くなど、自分で行うムダ毛処理法には様々なものがあります。これらのムダ毛処理法は手軽に行えるので良いのですが、継続することで肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

カミソリでの処理は、カミソリで傷つけてしまったり、摩擦により肌が乾燥してしまう場合があります。毛抜きやテープやワックスの場合、毛穴に負担をかけてしまい炎症が生じてしまったり埋もれ毛ができてそれを無理に抜こうとして肌を傷つけてしまったりする場合があります。

肌荒れによる色素沈着から黒ずみにつながってしまうこともあります。思春期はターンオーバーも活発で肌の再生もスムーズなので、色素沈着を起こしにくい肌ですが、年齢を重ねて行くにつれてコラーゲンはどんどん減少していき、角質のバリア機能も低下していきます。色素沈着しやすい肌になっていきますので、ムダ毛処理後はきちんとケアして健やかな肌を保つことが大切です。

肌荒れ対策としては徹底的な保湿ケアです。ムダ毛処理後にきちんと肌にうるおいを与えることで乾燥や炎症を防ぐことができます。ローションやクリームなどでたっぷりとうるおいをチャージしましょう。肌にうるおいを与えることで角質のバリア機能がアップしてターンオーバーも活発になり健やかで柔らかい肌に導くことができ、ムダ毛処理による肌荒れや色素沈着を効果的に抑えることができます。炎症を抑える効果がある成分が配合されているローションやクリームを使用するのがおすすめです。ムダ毛が生えてくるのを抑制する成分が配合されているローションやクリームなども様々なメーカーから販売されていますので自分に合ったものを見つけてスキンケアに取り入れましょう。

個人でのムダ毛処理に限界を感じた場合は、毛根にアプローチする家庭用脱毛器を使用したり、脱毛サロンを利用するなど、負担を少なく効果的にお手入れをする方法も検討しましょう。