カテゴリー
未分類

剃ると濃くなるって本当?剃刀での正しいムダ毛処理方法

剃刀で剃ると毛が濃くなると言われるのは本当なのでしょうか?

実際には単純に剃刀で剃っただけでは太さは変わりませんし、本数が増えるというわけではありません。ただ、処理をした後の断面が何もしていないムダ毛と比べると太くなってしまうため、処理後のムダ毛は量が多くなっているように見えます。また、処理中に肌を傷つけてしまった場合、体の防衛機能が働いて、肌を保護するために毛の量が増えたり、毛が太くなることもあります。さらに、毛穴に薄い皮膚ができて、皮膚の下でムダ毛がとぐろを巻く埋没毛になることもあります。

思春期にはムダ毛の成長も活発になりますので、肌にダメージを与えない方法で処理をしたいものです。そのための正しい処理方法として、いくつかのポイントがあります。

まず、処理をするときには肌への刺激を抑えるために、湯船につかったりシャワーを浴び、肌を温めて柔らかくします。次に、肌に刃が直接触れないよう、滑りをよくするためにシェービングローションやクリームなどを塗ります。毛の流れと同じ向きに剃刀を滑らせて剃ったのち、逆の方向から剃ります。いずれの場合でも、肌を剃る方向に引っ張りながら剃刀を滑らせることで、ムダ毛が肌から離れて立ち上がりますので剃りやすくなります。

終わったら温かいタオルやお湯でローション等を取り、剃り残しが気になるときにはローション等をつけて電動シェーバーで処理します。剃刀による処理は負担が大きいため、最初の2回のみにとどめておきましょう。最後に、冷たいタオルを肌に置いたり水を流して肌を引き締めて終了です。正しい処理でも、肌には負担がかかっていますので、最後に保湿ローションやクリームなどで肌をしっかりいたわっておきましょう。

使用する剃刀は多枚刃で、刃が鋭く剃りやすいものにすること、剃るときにはなでる程度にして、できるだけ刃が肌に触れないように気を付けることが大切です。また、毎日のように処理をすると肌への負担が蓄積されるので、ある程度間隔をあけて処理しましょう。

カテゴリー
自己処理

思春期のムダ毛処理は肌に優しい方法で

思春期の時期は、ホルモンバランスが安定しない事も多く、肌荒れを起こしやすい時期です。

剃刀の刃があまり切れない状態では肌に負荷をかけてしまい、肌荒れや肌を傷つけてしまうこともあります。肌に優しいムダ毛処理をするためには、当たり前ですが、よく切れる剃刀を準備しましょう。また、シェービング用のクリームやジェルもムダ毛を塗ることで肌へのダメージを軽減できます。

ムダ毛処理をする場合には、お風呂場で処理すると便利です。お風呂に入ったついでにムダ毛処理をすれば、毛をしめらせてから剃ることができるので、毛が剃りやすくなります。

毛を剃る方向もきちんと判断しましょう。毛が生えている方向を合わせて沿わせるように剃ることがポイントです。

肌が弱い方は、剃刀負けをすることもあります。そんな人は、脱毛テープなど違った方法も試してみてください。

毛を剃り終わったらスキンケアをすることはもっとも大切なことです。

ムダ毛処理をした後をケアせずそのまま放置しておくと、肌から水分が蒸発してしまい、肌が荒れてしまったり肌が乾燥してしまいます。化粧水で水分を補給し、保湿クリームで肌から水分が逃げないようにカバーすることで、肌の潤いを保ちます。処理後をきちんとスキンケアをすることが大切です。

思春期の頃には、自分のお小遣いで買うことができる化粧品も限られてしまいます。化粧水や美容液、保湿用化粧品など、色々と購入するのは、少し厳しいかもしれません。そのような場合には、母親や姉の化粧品を借りてスキンケアしてみるのも一つの手段です。

カテゴリー
自己処理

脱毛サロンは何歳から大丈夫なの?

女性はホルモンバランスによって体毛の成長が変わってきます。ホルモンバランスの変化が最も激しくなるのが、思春期に差し掛かった10代の前半の頃になります。思春期を迎えると、今まで生えてきていなかった脇の下やVライン、Oライン、Iラインなどから、ムダ毛が生えてくるようになってしまいます。

そのため思春期を迎える前に脱毛の施術を受けていたとしても、思春期でホルモンバランスが変わってから生えてくるムダ毛には意味の無いこととなります。思春期を迎えて大人の身体として体毛が生え揃ってから脱毛サロンで施術を受けたのがもっとも効率的と言えます。

10代で脱毛サロンなどで施術する場合には、17歳以下の場合にはご両親と同伴で脱毛サロンやクリニックに出向く必要があります。18歳以上の未成年の場合は一人でも大丈夫ですが、前もって両親からの同意を得て、親権者同意書に必要事項を記入してもらい、その親権者同意書を持っていく必要があります。

脱毛の施術は、毛にレーザーや光を照射すると毛根の黒い色に反応して熱が発生します。この熱が、ムダ毛の毛根の組織を焼き焦がして脱毛されるという仕組みになっています。そのため、施術後は、お肌が火照ったり、痒くなったり、水分が奪われて乾燥肌になったりすることがあります。この症状は、肌に照射する医療レーザーや光の出力が強ければ強いほど重くなります。

医療レーザーは脱毛の効果が強い反面、出力が強く肌にかかるダメージが大きいです。10代の若いお肌は、敏感でデリケートですので、医療レーザーによる脱毛の施術は、お肌に与えるダメージが深刻な影響を与える可能性があり、光の出力を抑えている脱毛サロンの施術の方がいいかもしれませんね。

カテゴリー
脱毛サロン

「全身脱毛」のオトク感には要注意!

脱毛サロンの料金表を眺めると、全身脱毛のプランを選んだほうが割安に感じます。実際のところ、脱毛サロンの多くは、パーツごとのコースと全身脱毛のコースがあり、単純にパーツごとのコースをすべて合計した金額よりも、全身コースのほうがお得になっています。

しかし、人によっては全身コースに含まれている部位のうち、それほどムダ毛が多くない個所が含まれていることもあります。また、脱毛サロンの中には、顔やうなじ、VIOラインなど、一部のパーツはコースの対象外としていることも多いため、必ずしも全身のコースだけですべての処理が終わるとは限りません。

このように、全身のコースをフルで活用できない人の場合には、逆に部位別に申し込みをしたほうが安いケースもあります。

たとえば、脱毛サロンは新規の利用者に対して非常にお得なキャンペーンを展開しているケースです。こちらのサロンでは脇のムダ毛の処理が無料、こちらのサロンでは好きな個所を脱毛し放題で格安など、サロンによって対象となる個所やシステムが異なっていますので、これらを複数組み合わせるだけでも、かなり割安料金で多くのパーツを処理してもらうことができます。初回無料や格安のキャンペーンというのは、そのサロンが初めてかどうかで判断していますので、ほかのサロンで施術を受けている人でも適用されます。

また、家族や友人を紹介することで割安になったり、期間限定でいくつかのコースを割引きにするなど、様々なサービスが見られますので、上手に利用すれば大変お得です。必ずしも全身の処理が必要ない人の場合には、これらの複数のサロンのコースを使い分けることで、全身のプランよりも安くなることがあります。これによって、いろいろなサロンを体験することができますので、キャンペーン対象外の個所については自分が気に入ったサロンを利用するというのもよいでしょう。

サロンによっては、あらかじめ回数が決められており、その範囲内であれば好きな個所を処理することができるというプランもあります。もともとムダ毛が少ないという人の場合には、これを利用すると最低限の回数で複数の部位を処理してもらうことができますので、さらにお得です。できるだけお得に脱毛したいなら、人気の高いサロンのホームページはこまめにチェックをして、期間限定のサービスなども逃さず利用しましょう。

部位別脱毛サロンのおすすめを知りたいなら!